国分寺 精神科 心療内科 大学通り武蔵野催眠クリニック メンタルクリニック

過敏性腸症候群に対する催眠療法

診療内容メニュー

過敏性腸症候群に対する催眠療法

2019年6月7日

過敏性腸症候群は非常にポピュラーな疾患で、一般的な検査をしても特に異常が見つからないものの、繰り返される腹痛、下痢、便秘などで苦労させられる病態です。2006年のローマⅢ基準では、1)排便すると腹痛が楽になる、2)腹痛とともに排便の回数が変わる、3)腹痛とともに排便の性状が変わる、ことの3つの内2つ以上の症状が3ヶ月以上続いていると過敏性腸症候群と診断されます。

 

過敏性腸症候群の原因としては、個々の患者様によっていろいろなものが考えられます。身体的には、腸が痛み刺激に対して過敏であったり、腸壁の平滑筋が過活動であったり、腸の機能や感覚を脳がうまくコントロールできなかったり、などいろいろな病態が想定されます。特にその発症については、細菌やウイルスの消化器感染と関連するとも指摘されています。一方で、人生上大きな出来事にみまわれたり、日常的なストレスが過度になったり、そのストレスに対する対処がうまくいかなかったり、といった心の問題が反映されている場合もあり、不安性障害やうつ病などを合併することも稀ではありません。ひとことでいえば、過敏性腸症候群は心と体にまたがる病気なんですね。

 

実はその過敏性腸症候群に対して、催眠療法は比較的よく効くといわれ、消化器症状が軽くなり、結果として生活の質が向上すると期待されています。プロトコールとして、マンチェスター、ノースキャロライナで開発されたものなどはよく知られており、10回前後のセッションで治療効果が現れ、その効果はその後も維持されるとしています。具体的には、腹痛の軽減、消化器機能の改善、ストレスなどの影響の低下などが直接に暗示されたり、落ち着く場所のイメージ、穏やかに同じペースで流れていく川のイメージが利用されたり、お腹の暖かさを感じてもらったりすることがしばしば行われています。

 


診療カレンダー

12月
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2021年1月
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※年末・年始は、12月27日(日)~1月4日(月)の間、お休みを賜ります。
※年始は、6日(水)より診療いたします。
  休診    午後18:00まで    午後17:00まで    午後14:00まで   午後12:00まで   午後15:00~午後18:00まで

クリニック概要

所在地
〒185-0012
東京都国分寺市本町2-9-17 アスクムデルフィオーレ1階 101号
電話
042-349-6223
最寄駅
国分寺駅より徒歩3分
駐車場は、クリニック脇に1台だけ駐車できるスペースがございます。他の方のご利用の際には、ご了承下さい。
診療時間
診療時間

休診日:火・日・祝日
※土曜日は月2回休診のため、診療カレンダーをご確認ください

TOPに戻る